BLOGブログ
BLOG

西鶴間で活動中やまとオレンジプロジェクトとは?

2018/05/26

デイサービスハッピー鶴間をその活動拠点とする「やまとオレンジプロジェクト」とは?神奈川県大和市で認知症カフェや共創カフェ(勉強会)の開催など、地域活動をしているチームです。

認知症カフェとしての活動は「オレンジカフェ(認知症カフェ)@やまと」と称して、現在は2ヶ月に一回、奇数月の第3日曜日の13:00~15:00にデイサービスハッピー鶴間にて開催。すでに30回以上の開催実績があり、2014年9月に大和市初の認知症カフェとしてスタートしています。1年ほど前からこの活動が見本となり「オレンジカフェ@コーポ」として近所の団地の自治会に広がり、毎月たくさんの方が訪れて盛り上がっているそうです。このように活動が地域に広がって、大和市内さまざまな所で開催されるようになることは、やまとオレンジプロジェクトの目標であります。

共創カフェは2014年4月からスタート。スタート当初は「介護職カフェ」として主に介護職の人たちに向けて、自主的な勉強の場として開催中(現在は共創カフェと名称変更)。毎月第3水曜日か木曜日の19:00~同じくデイサービスハッピー鶴間にて行われます。

共創カフェの目的は「3つのK(交流・共有・向上)+1つのKを以下のように掲げております。
・交流…自分の職種という殻に閉じこもらず、様々な人との交流を通じて仲間を増やすこと
・共有…自分の持っている問題意識や創造的提案を仲間と共有し、社会や地域における課題解決に繋げること
・向上…現状に満足することなく、常に社会・地域及び職種にかかわる知見や技術を磨くことで、利用者や会社等に寄与する事
・共創…以上の知見を用いて、みんなで共生できる社会・地域を創り上げること

小さなデイサービスを舞台に、少人数の有志が集まって始まった「やまとオレンジプロジェクト」。この活動をより大きく育てるつもりはありません。このような「小さな活動」が大和市内に広がって、色いろな所で開催されたらいいな、そんな想いがあります。大きなプロジェクトはスタートするにも、継続するにも大変なチカラか必要です。小さいからこそ誰でも簡単に始められて、継続もできうるのです。