BLOGブログ
BLOG

一日のプログラムをあえて作らないデイサービス

2018/06/21

大和市に2施設運営する「介護のハッピー」のデイサービス。西鶴間のデイサービスハッピー鶴間、高座渋谷のピンポンデイハッピー渋谷ともに決まったプログラムを設けていません。

 

施設側として都合が良いのは「午前中までに全員お風呂を終わらせる」とか、レクリエーションや機能訓練も「この時間にこの内容」と学校の時間割のように、あらかじめ決めておくこと。確かに効率が良い。

 

介護のハッピーのデイサービスでは施設側の都合や効率だけを考えた運営はしないようにしています。その日の利用者さまの様子をみたりや希望を聞きながら、柔軟に対応しています。

 

「その場の空気や雰囲気をよんで、臨機応変にケアをする」実はかなりスタッフ個人のスキルが必要になります。10名が定員のハッピーデイサービス。みなさんの表情や気持ちを察して、より一日を楽しく安全にケアをする。その場その場の判断力が大切です。

 

あえて時間割やプログラムを作らず、施設側の都合を押し付けない。スタッフと利用者さまがいっしょにハッピーな時間を考えて過している。だから今日もみんな明るい雰囲気につつまれています。