BLOGブログ
BLOG

日本卓球療法協会理事長による卓球リハビリを定期的に実施しています

2018/11/28

日本卓球療法協会理事長、長渕氏による卓球ラリーの様子です。長渕理事長には週に1回ほどのペースで、利用者さまの卓球リハビリの実施やその効果測定をお願いしております。

ラリーの回数はみなさん、どんどん記録を伸ばしている所ですが、使うラケットによってもだいぶ変わるそうです。ラケットに貼ってあるラバーによって、よく弾むものやコントロールしやすいものがあるそうで、あまり力が無くネットを越えない方には、よく弾むラバーのラケットを使用したり、アドバイスを頂きながら行っています。

レベルアップの度合いによってラリーの仕方も変えていきます。最初はバックハンドで確実に打ち返すところから始め、その後にフォアアンドによるラリー、さらには試合形式で行っている方もいます。

安全に楽しくリハビリが行える卓球。ぜひ、みなさまも体験してみて下さい!